偏頭痛に効くツボマッサージ法

解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる

偏頭痛に効くツボマッサージ法

スポンサードリンク

.

偏頭痛に効くツボは?

ツボマッサージ

血行障害や自律神経のバランスの乱れから起こる偏頭痛。偏頭痛に効くと言われるツボマッサージ法があります。ツボマッサージ法では、血行の改善や自律神経の調整をポイントに行います。偏頭痛に効くツボは、眉毛の末端と目尻を直線で結んだ中間の少し外側にある太陽(タイヨウ)、額の上のすみ、髪の生え際にある頭維(スイ)、頭のてっぺんにある百会(ヒャクエ)、首の後ろで髪の生え際にある筋の外側にある風地(フウチ)、首の根元と肩先の真中にある肩井(ケンセイ)、手首の裏にでるしわから指3本分上、2本の筋の間にある外関(ガイカン)、ひじを曲げた時にできるシワの端にある曲地(キョクチ)、手の親指の骨と人差し指の骨の交差する点から少し上にある合谷(ゴウコク)、というツボが偏頭痛に効くと言われているツボです。


ページのトップへ ▲

偏頭痛に効くツボの特徴

偏頭痛

ツボマッサージ法をするにあたり、それぞれのツボの特徴を知っておきましょう。太陽は血液循環を良くするツボ。偏頭痛だけでなく眼精疲労にも効くツボと言われています。頭維は頭痛、眼精疲労からくる頭痛に効果があると言われているツボ。百会は脳の血行が促され、自律神経のバランスを整えるツボ。風地はカゼの症状に効くと言われるツボで、肩井は首や肩のコリに効果があると言われるツボです。外関は気の流れを調節し代謝を高めるツボ。曲地は気の流れや自律神経の働きを調節し、胃腸の働きを良くするツボで、合谷はあらゆるストレスや痛みに効くと言われるツボです。ツボマッサージ法を行う際にも特徴を知っておくと、より効果が高まりますね。


ページのトップへ ▲

ツボマッサージ法はやさしくていねいに

ツボマッサージ法は、偏頭痛に効くと言われるツボを爪を立てずに親指の腹でやさしく押します。右回り、左回り各4回を1セットとして2セット行うといいでしょう。押す強さはほどよい刺激を感じる程度で押しましょう。一押し3〜5秒程度で、ゆっくり、やさしくマッサージします。地から任せでやりすぎたり、長時間同じ場所ばからツボマッサージ法を施していると、炎症をおこしたり筋肉を傷めてしまうこともありますので注意しながらツボマッサージ法を行います。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 偏頭痛-ホーム | 偏頭痛とは? | 原因と症状 | 偏頭痛になりやすい人 | 偏頭痛と片頭痛の違い | 治療法 | おすすめ病院 | 薬物療法 | 食生活改善で予防 | 生活習慣改善で予防 | 予防サプリメント | ツボマッサージ法 | 肩こり | カフェイン | 緊張型頭痛 | 緊張型頭痛の原因 | 月経時の偏頭痛 | 応急対策法 | 頭蓋骨のゆがみ | 遺伝するの? | 子供の偏頭痛 |

Copyright (C) 解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる All Rights Reserved.