偏頭痛の薬物療法

解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる

偏頭痛の薬物療法

スポンサードリンク

.

偏頭痛に効果的な薬物療法

薬物療法

偏頭痛の治療は薬物療法が主体となります。薬物療法には、急性期治療と予防治療があります。急性期治療は頭痛の発作がでた時に対処する薬物治療で、頭痛を出にくくする薬物療法を予防治療といいます。通常は急性期治療を行い、偏頭痛の頻度が多い場合や症状が強い場合には予防治療を追加していきます。偏頭痛を治すということは簡単ではありませんが、適切な薬物療法などの治療により、偏頭痛の発作の発生頻度を減少させたり、軽くすることができます。偏頭痛の治療によって、日常生活に支障が減ったりすることができるのです。偏頭痛の症状は個人によって違いますから、病院で診察し適切な薬物治療を行うようにしましょう。


ページのトップへ ▲

偏頭痛の急性期治療の目的

非ステロイド系抗炎症薬

偏頭痛の薬物療法は頭痛を速やかに消失させ、機能を回復させることです。薬物療法においては、重症度によって薬剤を選択します。急性期治療で使われる薬剤には、アセトアミノフェン、非ステロイド系抗炎症薬(アスピリンなど)、エルゴタミン製剤、トリプタン系薬剤、制吐薬などの種類があります。軽度から中等度の頭痛には消炎鎮痛薬、中等度から重度の頭痛には偏頭痛特異的治療としてトリプタン系の薬剤などが使われます。薬物療法に使用されるエルゴタミン製剤は、血管収縮作用により動脈の拡張を抑制する薬剤です。トリプタン系製剤は新しいタイプの偏頭痛薬で、頭痛発現後の偏頭痛を速やかに改善します。


ページのトップへ ▲

予防療法が必要な場合

薬

偏頭痛の発作が月2回以上ある場合は、偏頭痛の予防療法を検討することをお勧めします。薬物療法による予防療法は、偏頭痛の発作の頻度や重症度、頭痛持続時間を減らしたり、急性期治療の効果をあげると言われています。偏頭痛の予防療法に使用される薬剤は、偏頭痛予防薬としての効果は確実と言われているβ遮断薬や、塩酸ロメリジンなどのカルシウム拮抗薬、抗てんかん薬、抗うつ薬などです。塩酸ロメリジンは日本で開発された偏頭痛予防の保険適用をもつ安全な薬です。また、アンジオテンシン変換酵素阻害薬は、副作用の少ない降圧薬として薬物療法において広く使用されている薬です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 偏頭痛-ホーム | 偏頭痛とは? | 原因と症状 | 偏頭痛になりやすい人 | 偏頭痛と片頭痛の違い | 治療法 | おすすめ病院 | 薬物療法 | 食生活改善で予防 | 生活習慣改善で予防 | 予防サプリメント | ツボマッサージ法 | 肩こり | カフェイン | 緊張型頭痛 | 緊張型頭痛の原因 | 月経時の偏頭痛 | 応急対策法 | 頭蓋骨のゆがみ | 遺伝するの? | 子供の偏頭痛 |

Copyright (C) 解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる All Rights Reserved.