子供の偏頭痛と対策法

解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる

子供の偏頭痛と対策法

スポンサードリンク

.

子供の偏頭痛と大人の偏頭痛の違い

子供

子供にも偏頭痛が起こりますが、大人の偏頭痛と異なる点がいくつかあります。まず子供の偏頭痛は持続時間が短いことです。大人の偏頭痛の持続時間が長くて2〜3日なのに対して、子供の場合は1〜72時間です。また、頭痛の部位が子供の場合は、片側性の場合もありますが、両側性の前頭・側頭であること、急に偏頭痛が始まる、嘔吐や下痢症状がひどい、といったことなどが大人の偏頭痛との違いです。他は、子供の偏頭痛も、ズキンズキンとした痛み、日常的な動作による頭痛の症状がひどくなる、悪心、嘔吐がある、光や音に敏感になる、などといった症状は同じです。


ページのトップへ ▲

子供が偏頭痛を起こしたら?

ストレスが原因

大人と同じように子供が偏頭痛を起こした場合もとてもつらいものです。嘔吐や下痢がひどくなる場合もあり、お腹の痛みを訴える場合もあります。動くと痛みが増すので、じっとしていることが多いです。子供がそういった状態の時は偏頭痛を疑い対策法を取りましょう。光や音が入らない部屋で休ませてあげることが対策法になります。登園前や登校前に頭痛を訴えるケースも多く、その場合親は、仮病では?と思いがちですが、ストレスが原因で頭痛が起こっている場合が多いのです。症状をよく聞いて、安静にしてあげることが対策法になります。子供が偏頭痛を起こさないための対策法としては、空腹にさせないように規則正しく食事をさせる、規則正しい睡眠を取らせる、適度に運動をさせる、ということが対策法になります。


ページのトップへ ▲

偏頭痛を起こさせないようにする

牛乳

子供の偏頭痛の対策法として治療薬があげられます。子供の偏頭痛の薬としては、イブプロフェンとアセトアミノフェンが効果的と言われています。日常生活においても、偏頭痛を起こさない対策法としては食事に注意することも大切です。チョコレートやチーズ、ハムやソーセージ、化学調味料などをとりすぎないことが対策法になります。大豆やひじき、いわし、ワカメ、ホウレンソウ、レバーやうなぎ、牛乳、ヨーグルトなどを含んだ食品をバランスよく食べさせることが、子供の偏頭痛の対策法です。また、テレビを見るときは部屋を明るくして刺激を少なくすること、テレビゲームなどに熱中しすぎないこと、なども偏頭痛の対策法です。しかし、あまりあれもこれもダメ、となるとストレスになるので、適度に注意するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 偏頭痛-ホーム | 偏頭痛とは? | 原因と症状 | 偏頭痛になりやすい人 | 偏頭痛と片頭痛の違い | 治療法 | おすすめ病院 | 薬物療法 | 食生活改善で予防 | 生活習慣改善で予防 | 予防サプリメント | ツボマッサージ法 | 肩こり | カフェイン | 緊張型頭痛 | 緊張型頭痛の原因 | 月経時の偏頭痛 | 応急対策法 | 頭蓋骨のゆがみ | 遺伝するの? | 子供の偏頭痛 |

Copyright (C) 解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる All Rights Reserved.