食生活改善で偏頭痛予防

解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる

食生活改善で偏頭痛予防

スポンサードリンク

.

マグネシウムを摂取して偏頭痛予防

緑黄色野菜

偏頭痛予防のためには食生活改善も大切です。特にマグネシウムが不足すると偏頭痛になりやすいと言われています。マグネシウムはカルシウムと一緒に、血管や筋肉、神経などさまざまな細胞の緊張と弛緩のバランスを保つ作用があります。脳内にマグネシウムが足りなくなると、カルシウムが細胞の中に蓄積し、血管の緊張が続いて偏頭痛が起こりやすくなるのです。また、マグネシウム不足はストレスなどの刺激で血小板が凝集し、血管が収縮するので偏頭痛の原因になるのです。マグネシウムを多く含む食品には、味噌、納豆、豆腐などの大豆製品、ほうれん草などの緑黄色野菜、のりやひじきなどがあげられます。マグネシウムを取り入れた食生活改善で、偏頭痛予防をしていきましょう。


ページのトップへ ▲

和食で偏頭痛予防

お味噌汁

偏頭痛予防の食生活改善の一つとして、和食を中心にして食生活改善をしてみましょう。玄米ごはん、ひじきの煮物、ホウレンソウの胡麻和え、お味噌汁などの和食なら、マグネシウム不足にならずに、偏頭痛予防につながるでしょう。また、偏頭痛の要因になる食べ物を避けるというのも食生活改善には必要です。偏頭痛は特定の食品によって痛みが出ます。その一つにアルコールがあります。アルコールの血管拡張作用のあるアセトアルデヒドが要因で、特に赤ワインにはヒスタミンという血管を拡張させる物質が含まれています。また、チラミンという血管を収縮させる物質を含むチョコレート、ヒスタミン、チラミンを多く含むチーズも偏頭痛の要因になります。これらをできるだけ避けるような食生活改善方法をとると偏頭痛予防につながります。


ページのトップへ ▲

カフェインは偏頭痛予防になる?

コーヒー

コーヒーやお茶、ドリンク剤などに含まれるカフェインには、眠気をとり、頭痛予防になると言われていますが、カフェインを摂り過ぎ、突然摂取をやめるとカフェイン禁断頭痛が起こることがあるので注意しましょう。食生活改善の一つとして頭痛予防におすすめなのがハーブです。ペパーミントには血管収縮作用があり、ラベンダーには殺菌、鎮静、鎮痛作用があります。ローズマリーやカモミールなども偏頭痛予防になるとされているハーブです。ハーブティや料理に使い、食生活改善をして偏頭痛予防をしていきましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 偏頭痛-ホーム | 偏頭痛とは? | 原因と症状 | 偏頭痛になりやすい人 | 偏頭痛と片頭痛の違い | 治療法 | おすすめ病院 | 薬物療法 | 食生活改善で予防 | 生活習慣改善で予防 | 予防サプリメント | ツボマッサージ法 | 肩こり | カフェイン | 緊張型頭痛 | 緊張型頭痛の原因 | 月経時の偏頭痛 | 応急対策法 | 頭蓋骨のゆがみ | 遺伝するの? | 子供の偏頭痛 |

Copyright (C) 解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる All Rights Reserved.