偏頭痛とカフェインの関係

解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる

偏頭痛とカフェインの関係

スポンサードリンク

.

カフェインは偏頭痛を緩和させる?

コーヒー

コーヒーや緑茶を飲むと偏頭痛が緩和すると言われています。それはコーヒーや緑茶に含まれるカフェインが関係しています。カフェインには脳血管を収縮させる作用があります。その関係でカフェインをとると偏頭痛がやわらぐと言われるのです。さらにカフェインには眠気や疲労感を取り除き、思考力や注意力を増す作用があると言われています。市販の鎮痛剤やカゼ薬、酔い止めなどの薬にもカフェインが配合されていますね。また、カフェインは偏頭痛だけでなくダイエットにも深く関係しています。それは、カフェインは脂肪細胞に作用し、脂肪の分解を促すと言われているのです。カフェインを運動の直前に摂取すると効果的だと言われています。


ページのトップへ ▲

カフェインを含む食品とは?

紅茶

カフェインを多く含む食品には、コーヒーや紅茶、コーラ、ココア、眠気覚ましのドリンクやガムなどにも多く含まれています。ほうじ茶や番茶にはカフェインはそれほど多く含まれていません。麦茶にはカフェインは含まれていないです。カフェインを摂取すると偏頭痛が緩和されるという関係があるなら、カフェインを多く摂取したい、と思うところですがカフェインの摂取には注意することがあります。抗けいれん薬や抗不安薬・睡眠薬、消化性潰瘍治療薬、抗真菌剤、気管支拡張剤、ニューキノロン系抗菌剤などの薬と一緒にカフェインを摂取すると、イライラや不眠を起こしたり、作用を強めたり、効果を弱めたりする関係があるので注意しましょう。


ページのトップへ ▲

カフェインと禁断性頭痛の関係

偏頭痛をやわらげると言われるカフェインですが、カフェインの依存性には気をつけなければなりません。1日500ミリグラム以上のカフェインをとっていると、カフェインがきれた時に血管が拡張し偏頭痛が起こると言われています。カフェインを摂取すると偏頭痛が治まります。コーヒー1杯に含まれるカフェインは100〜150ミリグラム、お茶1杯50〜75ミリグラム、コーラはコップ1杯50ミリグラムです。カフェインの摂り過ぎは神経過敏、睡眠障害、利尿、吐き気などにも関係します。偏頭痛をやわらげるカフェインですが、摂取量には注意しましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 偏頭痛-ホーム | 偏頭痛とは? | 原因と症状 | 偏頭痛になりやすい人 | 偏頭痛と片頭痛の違い | 治療法 | おすすめ病院 | 薬物療法 | 食生活改善で予防 | 生活習慣改善で予防 | 予防サプリメント | ツボマッサージ法 | 肩こり | カフェイン | 緊張型頭痛 | 緊張型頭痛の原因 | 月経時の偏頭痛 | 応急対策法 | 頭蓋骨のゆがみ | 遺伝するの? | 子供の偏頭痛 |

Copyright (C) 解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる All Rights Reserved.