偏頭痛とは?

解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる

偏頭痛とは?

スポンサードリンク

.

日常生活にも支障のある偏頭痛

偏頭痛

「私、偏頭痛もちなんです」。という人は多いもの。20歳代〜40歳代の女性多く見られます。偏頭痛とは頭痛発作を繰り返す病気で、4〜72時間発作が繰り返されます。片方のこみかみがズキズキすることが多い偏頭痛ですが、場合によっては両側が傷んだり、ズキズキしないこともあります。体を動かしたり、運動するなどの日常の動作によって悪化するのも偏頭痛の特徴です。偏頭痛がひどくなると、吐き気や光過敏、音過敏などを伴います。1ヵ月に1回、または1週間に1度起こります。偏頭痛は横になってもよくならないこと多く、仕事や勉強ができなくなる場合もあります。しかし、偏頭痛でつらい思いをしても、医療機関で診察を受けることも少ないというのも、偏頭痛の特徴と言えます。


ページのトップへ ▲

2種類に大別される偏頭痛

視覚障害

偏頭痛は大きく分けると、前兆のあるものと前兆のないものに分けられます。前兆には視覚障害や感覚障害などがあり、まれに失語の症状や片麻痺が起こることもあります。前兆で最も多いとされているのが、閃輝暗転です。視野にギザギザした線のようなものが現れ、徐々に拡大していき視覚消失になりやがて頭痛が始まります。これが閃輝暗転です。通常20〜30分程度で治まります。他に予兆として、あくびやイライラ、空腹感、体のむくみなどがあります。前兆や予兆が全くない状態で頭痛が起こることもあります。


ページのトップへ ▲

偏頭痛のメカニズム

脳内

偏頭痛はどのようなしくみで起こるのでしょうか?偏頭痛を起こすメカニズムについて詳しいことはまだ解明されていないようですが、いくつかの説があります。一つはセロトニンという脳内の神経伝達物質が関係していると言われています。セロトニンが偏頭痛が起こる際に大量に放出され、それが消失することで血管が拡張して頭痛が発生するという説です。また、三叉神経血管説という説は、刺激により頭蓋内血管に分布する神経終末が刺激を受け、血管作動性物質が放出され、血管が拡張し無菌性の炎症が起こり、この刺激による興奮が脳に伝わり、嘔吐などの反応や頭痛を引き起こすという説です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 偏頭痛-ホーム | 偏頭痛とは? | 原因と症状 | 偏頭痛になりやすい人 | 偏頭痛と片頭痛の違い | 治療法 | おすすめ病院 | 薬物療法 | 食生活改善で予防 | 生活習慣改善で予防 | 予防サプリメント | ツボマッサージ法 | 肩こり | カフェイン | 緊張型頭痛 | 緊張型頭痛の原因 | 月経時の偏頭痛 | 応急対策法 | 頭蓋骨のゆがみ | 遺伝するの? | 子供の偏頭痛 |

Copyright (C) 解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる All Rights Reserved.