偏頭痛はどんな時、どんな人がなりやすい?

解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる

偏頭痛はどんな時、どんな人がなりやすい?

スポンサードリンク

.

偏頭痛は季節による?

温度差

人によってではありますが、偏頭痛が夏と冬に出やすいというケースがあります。冬は温度が低いので血管が収縮し血液の循環が悪くなり肩こりになります。夏は冷房などのせいで体が冷え、やはり肩こりになりますね。偏頭痛は肩こりが原因で起こることもあります。肩こりがある人は偏頭痛になりやすいのです。寒い時や温度差の激しい時、天気の変化による気圧や気温の変化などが酸素やセロトニンの濃度に変化を起こすことが、偏頭痛の原因になります。飛行機に乗った時や、山登りをした時なども同じ理由で偏頭痛が起こりやすくなります。


ページのトップへ ▲

リラックスした時になりやすい偏頭痛

血管

偏頭痛はどんな時になりやすいでしょう?偏頭痛の原因は、睡眠不足や疲労、天候や気温の変化、飲酒などさまざまですが、休みの時に偏頭痛になる人も多いではないでしょうか?それは、偏頭痛のきっかけとなるセロトニンの大量放出を拭き起こす原因の一つであるストレス。そのストレスからの緊張が休みの時に解放され、収縮していた血管が球に拡張しやすくなり、週末などの休日に偏頭痛を起こす人が多いと言われているのです。どんな人がなりやすいかというと、緊張しすぎる人や神経質な人は偏頭痛を起こしやすくなるとも言えます。また、偏頭痛は遺伝も関係していると言われています。


ページのトップへ ▲

女性に多い偏頭痛

生理の時

偏頭痛は女性に多いものです。その数は男性の4倍以上にもなるとされています。偏頭痛は生理周期と関係していて、生理の時に偏頭痛を起こす人も少なくないと言われています。それは、偏頭痛が起こる原因に女性ホルモンが関係していると言われているからです。小さい時は男の子の方が頭痛を起こしやすいのですが、生理が始まる頃から女の子の方が多くなり、閉経と共にその数は減っていきます。血管の収縮や拡張は自律神経によって支配されています。自律神経は女性ホルモンと深く関係があるので、女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経に影響し、血管の収縮や拡張が過度に起こる時、偏頭痛が起こると言われています。生理不順の人や更年期を迎える人、月経困難症の人に偏頭痛は多いのです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 偏頭痛-ホーム | 偏頭痛とは? | 原因と症状 | 偏頭痛になりやすい人 | 偏頭痛と片頭痛の違い | 治療法 | おすすめ病院 | 薬物療法 | 食生活改善で予防 | 生活習慣改善で予防 | 予防サプリメント | ツボマッサージ法 | 肩こり | カフェイン | 緊張型頭痛 | 緊張型頭痛の原因 | 月経時の偏頭痛 | 応急対策法 | 頭蓋骨のゆがみ | 遺伝するの? | 子供の偏頭痛 |

Copyright (C) 解明!偏頭痛の原因と治療法がわかる All Rights Reserved.